それでも僕は映画を見る〜ヤマシンの映画ブログ〜

映画の感想を書くことを生き甲斐とした男のブログでございます。

『永い言い訳』(2016)

永い言い訳』(2016)

f:id:movieyamashin:20211228102504j:plain

監督:西川美和

出演:本木雅弘竹原ピストル藤田健心、白鳥玉季、堀内敬子池松壮亮黒木華山田真歩深津絵里、松岡依都美、他

配給:アスミック・エース

ー概要ー

「ゆれる」「ディア・ドクター」の西川美和監督が、第153回直木賞候補作にもなった自著を自身の監督、脚本により映画化。人気作家の津村啓こと衣笠幸夫は、突然のバス事故により、長年連れ添った妻を失うが、妻の間にはすでに愛情と呼べるようなものは存在せず、妻を亡くして悲しみにくれる夫を演じることしかできなかった。そんなある時、幸夫は同じ事故で亡くなった妻の親友の遺族と出会う。幸夫と同じように妻を亡くしたトラック運転手の大宮は、幼い2人の子どもを遺して旅立った妻の死に憔悴していた。その様子を目にした幸夫は、大宮家へ通い、兄妹の面倒を見ることを申し出る。なぜそのようなことを口にしたのか、その理由は幸夫自身にもよくわかっていなかったが……。

映画.comより

ー感想ー

「人物や設定を制限なく書いてみたかった」と西川美和監督がインタビューで仰っていた通り、驚くべきほど忠実に人が映っていました。ベテラン山崎裕撮影監督による、自然光を取り入れたナチュラルさとドキュメンタリータッチの映像。女性監督ならではというべきでしょうか、予定調和を崩す唐突な裏切り。それらによって浮き出てくる人の心。どっぷりと浸かってしまいました。

主人公衣笠幸夫はバスの事故で妻を亡くすが、事故の連絡が来る頃、不倫相手と抱き合っているクズ男。小説家で、テレビ番組にも出演し、社会的には成功の部類に入り、見て呉ればかり気にするクズ男。でも一方的に非難する気持ちになれない。奥の奥まで切り込む心情描写により、僕は他人事として整理できませんでした。演じたのは本木雅弘。彼から見て取れたのは、すごく素朴な人間の姿。

一方で、家族をもつトラック運転手大宮陽一もまた、幸夫同様妻を事故で亡くす。妻を愛し、子供を育み、裕福ではないものの幸せな生活を営んでいた男。演じたのは竹原ピストル

⁡この2人が事故を通して出会い、対話し、生活を交わらせることにより、両者に繊細な変化が生じる。その様子を辿っていく。

⁡当初、欺瞞に満ちた幸夫のことを好きになれなかったのですが、終わる頃には受け入れ、それなりに納得し、彼に肩入れをしてしまった。。僕はこの映画の中に、非常に精度の高い、生き方への指南が含まれていると確信しています。語るよりも、自分の中に留めておきたい、すばらしい映画。

未見の方は、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

ー⁡満足度ー

90%