それでも僕は映画を見る〜ヤマシンの映画ブログ〜

映画の感想を書くことを生き甲斐とした男のブログでございます。

『ディストラクション・ベイビーズ』(2016)

ディストラクション・ベイビーズ』(2016)

f:id:movieyamashin:20211229103700j:plain

監督:真利子哲也

出演:⁡柳楽優弥菅田将暉小松菜奈村上虹郎池松壮亮北村匠海、岩瀬亮、キャンディ・ワン、テイ龍進、岡山天音、他

配給:東京テアトル

ー概要ー

柳楽優弥菅田将暉小松菜奈村上虹郎ら若手実力派キャストが集結し、愛媛県松山市を舞台に若者たちの欲望と狂気を描いた青春群像劇。世界的注目を集める新鋭・真利子哲也監督の商業映画デビュー作。『桐島、部活やめるってよ』の喜安浩平が共同脚本を、ナンバーガールZAZEN BOYS向井秀徳が音楽を担当。

ーはじめにー

暴力を主軸に描く物語に、上記に加え、池松壮亮北村匠海と、映画が何本も作れてしまう超豪華キャストが新鋭監督の下に集う意味。それが何よりも本作の重要性を伝えているのかもしれません。同年作で同じく超豪華キャスト集結の『怒り』に比べ、より血の気に満ちている今作は見るものを度々圧倒します。激しい描写や不穏な結末に耐性がある方、本音を言えばそうじゃない方にもと言いたい。非常に強いものが込められた力作だと思います。未見の方はぜひ、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

⁡ー感想(極力ネタバレなし)ー

愛媛の小さな港町でケンカに明け暮れる主人公泰良は、突然姿を消し、松山市の中心街で目に入った輩を片っ端からどつき回る。

どちらかが立ち上がれなくなるまで続く殴り合いを何度も何度も、長回しで、音をわりかし誇張することもなく、傍観者のような目線で、捉え続ける。徹底して痛めつけられるフィジカルと徹底して捉え続けるカメラ。それによって生まれるメンタルの底深さ。監督のこだわり、泰良を演じた柳楽優弥の身を尽くした怪演により、感じました。⁡

本作の中に彼がなぜ殴るのかという意味や原因は存在ぜす、殴りたいから殴る、止めようのない独裁のような暴力。その暴力は、突然自然発生した竜巻みたいにどんどん力を増して周囲を飲み込み、破壊していく。そして暴力は曲がった形で誰かと共鳴していく。エンターテイメント性を排除してその過程を映した映像が実に生々しくて、不気味でした。

物語はどんどんおかしな方向に進んでいく。負のスパイラル。暴力の連鎖。能力を得るたびに体が蝕まれていく何かのキャラクターみたいな物語。菅田将暉演じる裕也、小松菜奈演じる那奈、村上虹郎演じる将太。彼らがそれを体現し、誰もがその可能性を孕みながら生きていることを示す鏡のような存在でもありました。小さな町が舞台であることや、カメラを意識してないかのようなセリフ、ネットニュースを用いた大きな演出から小さな演出、音楽は、より本作で描かれる暴力を身近に感じる装置として機能しているかのようでした。

数々の暴力を描いた作品や、凶悪事件がそうであるように、一つの暴力は、別の暴力を生み出す。小さい頃のケンカを思い出してみても、やっぱり負は負を生み出す。でも当人になるとそのことに全く気づかないことは皆の知るところ。暴力の渦中にいる人たちは冷静な判断を奪われ、より感情的になり、暴力を消すためにまた暴力を図る。戦争はその最たるもの。本作を見て、その人間の脆さと愚かさを思い出し、直面し、リアルな人生では迎えるべきではない結末を目の当たりにし、苦悶しました。。

⁡ー満足度ー

80%/100%