それでも僕は映画を見る〜ヤマシンの映画ブログ〜

映画の感想を書くことを生き甲斐とした男のブログでございます。

『淵に立つ』(2016)

『淵に立つ』(2016)/日本

f:id:movieyamashin:20211231123943j:plain

監督:深田晃司

出演:浅野忠信筒井真理子古舘寛治、太賀、篠川桃音、三浦貴大、真広佳奈

配給:エレファントハウス

ー概要ー

「歓待」「ほとりの朔子」などで世界的注目を集める深田晃司監督が浅野忠信主演でメガホンをとり、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員賞を受賞した人間ドラマ。下町で小さな金属加工工場を営みながら平穏な暮らしを送っていた夫婦とその娘の前に、夫の昔の知人である前科者の男が現われる。奇妙な共同生活を送りはじめる彼らだったが、やがて男は残酷な爪痕を残して姿を消す。8年後、夫婦は皮肉な巡り合わせから男の消息をつかむ。しかし、そのことによって夫婦が互いに心の奥底に抱えてきた秘密があぶり出されていく。静かな狂気を秘める主人公を浅野が熱演し、彼の存在に翻弄される夫婦を「希望の国」「アキレスと亀」の筒井真理子と「マイ・バック・ページ」の古舘寛治がそれぞれ演じた。

映画.comより

ー感想ー

いきなり家族の前に現れた八坂という男。まずなんとも気味の悪い。第一印象から負の異彩を放っている。髪型ひとつにしても気味が悪い。セットするのなんてだるい。めんどくせぇ。こうしとけばいいんでしょ。そう思ってるに違いない。劣化版T-1000みたいなオールバック。歩き方もなんとなく似ていた。T-1000はジョン・コナーの養父母に化け、家族をめちゃくちゃにした。変なオールバックの男は家族をめちゃくちゃにする。

実はそんな八坂は、完成されていた家族崩壊のスイッチをただ押しに来ただけのような存在。元々家族は冷めきっていた。確かに悪いことをするのだけれど、そもそもの問題は家族にあった。そして八坂襲来後あるタイミングで、家族の間に潜み、蓄積し、堰き止められていたドロドロしたものがついに溢れ出す。家族が真に崩壊していく。ここがほんとに恐ろしかった。夫婦が事務所の机で語り合うシーンだ。もぬけのからになった妻と、爪を切る夫。「あ〜疲れた〜」という筒井真理子演じる妻のセリフが、終焉の鐘みたいに響く。八坂をキッカケに、元々崩壊していた家族が崩壊に気づく。タイトル通り、気づいた頃にはもう淵に立っている。

後半で描かれていたのは、偽りを取り払った裸の家族。全てをあきらめたかのようなやりとり。八坂を巡る旅の車内のいたたまれなさといったら。。同年作『クリーピー 偽りの隣人』のラストにも勝る絶望的な車中でした。くらいました。。

ー満足度ー

90%【100%中】