それでも僕は映画を見る〜ヤマシンの映画ブログ〜

映画の感想を書くことを生き甲斐とした男のブログでございます。

『ハドソン川の奇跡』(2016)

ハドソン川の奇跡』(2016)

f:id:movieyamashin:20220103123223j:plain

監督:クリント・イーストウッド

出演:トム・ハンクスアーロン・エッカートローラ・リニー、クリス・バウアー、マイク・オマリー、アンナ・ガン、ジェイミー・シェリダン、他

配給:ワーナー・ブラザーズ映画

ー概要ー

名匠クリント・イーストウッド監督がトム・ハンクスを主演に迎え、2009年のアメリカ・ニューヨークで起こり、奇跡的な生還劇として世界に広く報道された航空機事故を、当事者であるチェズレイ・サレンバーガー機長の手記「機長、究極の決断 『ハドソン川』の奇跡」をもとに映画化。09年1月15日、乗客乗員155人を乗せた航空機がマンハッタンの上空850メートルでコントロールを失う。機長のチェズレイ・“サリー”・サレンバーガーは必死に機体を制御し、ハドソン川に着水させることに成功。その後も浸水する機体から乗客の誘導を指揮し、全員が事故から生還する。サリー機長は一躍、国民的英雄として称賛されるが、その判断が正しかったのか、国家運輸安全委員会の厳しい追及が行われる。

映画.comより

 

ー感想ー


⁡先日『ブリッジ・オブ・スパイ』で出会ったばかり、おかえりトム・ハンクス。本作で彼は白髪で、機長としてのプレッシャーに苛まれていた、もうおやすみトム・ハンクス。⁡


いつだって裏切らないトム・ハンクスが、今回は航空機事故で大勢の命を救う機長に扮する。現場と机上の違いを、彼の熟練さとクリント・イーストウッド監督の人間国宝的職人技が浮き彫りにしていく。これは机上の映画鑑賞であるぞという現実を受け止めつつ、最大濃度でノンフィクションの緊張を堪能できた!


⁡一流パイロットの有り様はとても興味深い。プロフェッショナル仕事の流儀で取り上げられていた大手航空会社の熟練パイロットは言っていた。「我々は砦のさらに砦のような存在だ」我々が崩壊したらすべてが終わる。そのようなとてつもない責任を背負いながら新型旅客機B787のフライトに挑戦する彼の姿と、トム・ハンクスの姿がピタリと重なった。本作にあたって何度もフライトシュミレーションで操作を特訓したそうだが、それよりもやはり熟練のコツのようなものだろうか、コックピット時の風貌、とくに顔、目つきが大手航空会社の機長と同じものを発していたように感じた。トムハンクス演じる機長は、オフの時間にたびたび走る。おそらく趣味、健康維持、ルーティンといった意味で走っているのだろう。文豪村上春樹氏の趣味もまた走ること。彼は走ることが本業の書くことに良い影響をもたらすと言う。実在する一流のプロたちとの共通点が描かれ、体現されていた。それは強度の強いノンフィクションとして十分に機能していたように見えた。


ハドソン川に飛行機が着水するシーンはどう見たって興奮した。見たことがないものを見せてくれる、映画の醍醐味がそこにあった。墜落し、川に浮いてる飛行機の周りに救護ボートやヘリが同心円状に集まっている様子、そんな光景は見たことないのでとても不思議だった。実際にエアバスを買い取り、川に浮かせ、当時使用された救護ボート、同じオペレーターまで使用しているそうだ。そりゃカメラ伝えとはいえ、異様な光景が本物で作られているのだから、すごいを超えて不思議なのだ。
⁡ストレスを一切排除したカット、編集も見事で、呼吸しているかのようだった。頻繁に入れ替わる時系列も何のその。クリント・イーストウッド監督のジャズ好きが映画にも反映されているかのようで、エンドロールで流れる自身が作った音楽もまた同様。トム・ハンクスの相棒の副機長を演じたアーロン・エッカートの存在がもはやチコ・ゴンザレスに見えてくる。


インパクトを挟みつつ、なめらかなノンフィクション作品。機長のプロ意識と、事故によって生まれるプロの葛藤をいかんなく堪能させていただきました。まだまだ元気でいてねクリント・イーストウッド。ありがとうトム・ハンクス。最高でしたハドソン川の奇跡。⁡


ー満足度ー

85%【100%中】